アプリモンスター

役立つアプリ情報マガジン

特定アカウントや自分のアカウントの過去ツイートを見る方法

f:id:mutant-tetsu:20170602150613j:plain

有名人や特定アカウントの過去ツイートを見る時に便利な機能を紹介します。

もちろん、自分の過去ツイートを見ることも。

 

かなり過去までツイートの履歴を遡ることができるので、ぜひ参考してみてください。

 

Twitter公式の高度な検索を使って過去ツイートを取得する

Twitterの公式が提供している高度な検索という機能を使えば、自分を含んだ特定アカウントや特定キーワードでの検索をすることができます。

twitter.com

 

f:id:mutant-tetsu:20170703153004p:plain

このように色々な項目を使って検索することができますが、基本的な使い方はシンプルです。

  • 特定キーワードで検索
  • ハッシュタグを使って検索
  • 特定アカウントのツイートを検索
  • 特定アカウントへのリプライを検索
  • 場所情報から検索
  • 日付を指定して検索

 

例えば有名人のアカウントで日付を指定してツイート検索をすることが可能になります。

 

過去ツイートをブログ形式で表示してくれるTwilog

f:id:mutant-tetsu:20170703154955p:plain

 

Twitterの公式サービスではありませんが、過去ツイートを検索するならばTwilogがおすすめです。

アカウントを連携させると自分のツイートのログを自動的に記録していきます。

そして記録したログは日付ごとに表示され、ブログ形式で閲覧することができます。

Twilog - Twitterのつぶやきをブログ形式で保存

 

Twilogでは自分のアカウントでなくても、他ユーザーのアカウントでも検索することができます。

この場合は最新100件分のツイートをブログ形式で表示することになります。

 

まず、Twilogにアクセスをします。

画面下側にTwitter IDを入力する場所があるのでアカウントIDを入力します。「@xxx」ですね。

f:id:mutant-tetsu:20170703154958p:plain

 

今回、モデルのローラさんのアカウントを入力してみました。

f:id:mutant-tetsu:20170703155002p:plain

 

このように日付ごとに過去ツイートが日付ごとに表示されます。

 

こちらの画面はスマホでアクセスした時の画面ですが、パソコン版の方が使い易いですね。

日付をカレンダーで選択することができます。利用環境に応じて使い分けてみてください。

 

自分の過去のツイートを全て取得する方法

Twitter公式の機能を使えば、自分の過去ツイートをcsv形式で全て取得することも可能です。

 

こちらはTwitterのパソコン版から利用できない機能なので、パソコンが必要になります。

 

f:id:mutant-tetsu:20170703160120p:plain

アカウントページのユーザー情報で全ツイート履歴をリクエストするという項目があります。

 

こちらをクリックすれば登録しているメールアドレス宛に情報が届くようになります。

csv形式のデータをダウンロードした後はエクセルなどのソフトで開くことができます。

 

関連:Twitterの使い方まとめ。Twitter初心者向けに全部解説するよ - アプリモンスター