アプリモンスター

役立つアプリ情報マガジン

話題の質屋即金アプリCASH(キャッシュ)を使ってみた

f:id:mutant-tetsu:20170630085352j:plain

2017年6月にリリースされた質屋アプリCASHを使ってみたので、その使用感や感想をレビューしたいと思います。

 

このアプリに関しては賛否両論らしく、色々議論があるみたいですがコンセプトとしては面白いと思います。

 

しかし、手放しにオススメできるアプリでもないのでその注意点や使用感を紹介していきます。

質屋アプリCASH(キャッシュ)とは?

まず、CASH(キャッシュ)ってなに?という人もいると思うので軽く説明を。

目の前のアイテムが一瞬でキャッシュに変わる。

今すぐキャッシュが欲しい。

そんなときは、まず目の前のアイテムをキャッシュに変えてみましょう。

 

必要なキャッシュを

いつでも、どこでも、瞬間的に。

cash.jp

 

なんだがすごくApple臭のするキャッチコピーですが、要約すると自分が持っているアイテムをスマホでカメラに撮って現金化できるというものです。

 

youtu.be

 

例えば、手元にあるiPhoneをカメラで撮って査定します。

結果はすぐに返ってくるので、そのiPhoneには2万円の価値がありますよ〜と査定結果が出ればアプリ上で2万円がチャージされます。

 

その2万円は指定の銀行に振り込むことができ、2ヶ月以内に手数料を含む金額を返金するか質に入れた商品を郵送して売却するかを選択できます。

 

質屋さんがそのままアプリになったような感じですね。

 

今までに例がないサービスなのでイメージし難い人も多いと思います。

自分もこのサービスをニュースで知った時は、話しはなんとなく分かったけどなんだかイメージが湧かないという感想でした。

 

ということで、レビューも兼ねて実際にCASH(キャッシュ)を使ってみたのでその内容を紹介していきます。

 

質屋アプリCASH(キャッシュ)を使ってみた

CASH(キャッシュ)はAndroid版には対応していません。現在はiOS版のみの対応です。

 

この手のアプリはインストールした後に長々と個人情報を入力する必要があるのですが、CASH(キャッシュ)で入力するのは端末の電話番号のみです。

 

電話番号を入力するとショートメールで暗証番号が送られて来ます。これを入力するだけで認証は終了。

 

氏名や住所、メールアドレスは登録する必要はありません。

もちろん免許証を撮影してデータを送ることのような作業もありません。

 

けっこうなお金が動くアプリなのにこの簡易さは逆に怖い、と思いました。まぁ、運営側がこれでいいって言っているのでいいんでしょうけど・・・

 

さっそくCASH(キャッシュ)で現金化してみた

ということで、さっそくCASH(キャッシュ)で現金化してみました。

ちょうど手元にいい感じのiPhone7があったので現金化してみます。

 

タブバー真ん中のキャッシュというアイコンから操作できます。

 

ここで注意したいのが、なんでも現金化できるわけではないということです。

 

スマホやゲーム機、ブランド品などあらかじめCASH(キャッシュ)側で指定された商品しか質に入れることはできません。

f:id:mutant-tetsu:20170630083442p:plain

 

この電卓使わないから現金化しよ〜みたいなことはできないってわけです。

 

流れとしては、

質に入れる商品をリストから選択

   ↓

商品状態を選択(新品、中古など)

   ↓

カメラで撮影

   ↓

査定結果が出る

 

こんな感じです。1分もかかりません。驚きのスピード査定。

 

1つ気になったのは、カメラで撮影するけどぶっちゃけどんな写真でも査定に影響がないこと。

 

重要なのはリストから選択した商品名と状態だけ。

 

写真をAIが自動で認識して査定結果を瞬時に返すというようなものではありません。

 

今回、私はiPhone7 32GBを質に入れましたが写真からでは何GBかiPhoneのバージョンなんて分からないですもんね。

 

CASH(キャッシュ)から銀行口座に振り込む

f:id:mutant-tetsu:20170630084753p:plain

あっという間にiPhone7が2万円だという査定結果が出ました。

次にこれを現金化するため銀行口座に振り込みます。

28日の夜に利用してみましたが、振り込み予定が翌日の29日です。銀行への振り込み対応も早い。

 

タブバーのウォレットからキャッシュを引き出すことができます。ちなみにキャッシュを引き出すには最低1000円以上であることが必要とのこと。

 

この時点で銀行口座の登録は未登録なので、銀行名・支店・口座番号・名義人など必要情報を入力していきます。これだけで手続きは完了です。

 

CASH(キャッシュ)からの振り込みを確認する

f:id:mutant-tetsu:20170630084641p:plain

翌日になった段階でCASH(キャッシュ)が一時利用停止になったことがニュースに流れました。

おいおい、まじかよ・・・と思いましたがどうやら質の受け入れが一時停止で出金操作は問題なく利用できるとのことです。

 

朝の段階ではまだ振り込みがされていません。11時頃に振り込みが確認できました。

 

振り込みがされた場合は登録している番号宛にショートメールが飛んで来る&アプリ内で通知がされます。

 

銀行口座を確認すると確かに手数料150円を除いた金額が振り込まれていました。

 

CASH(キャッシュ)でお金を受け取った後の対応は?

f:id:mutant-tetsu:20170630084657p:plain

CASH(キャッシュ)でお金を受け取った後の対応は2択です。

  • キャッシュを返す
  • キャッシュを返さない(商品を送る)

 

猶予期間は2ヶ月以内です。キャッシュを返す場合は手数料15%を上乗せした金額を銀行振り込みかコンビニ支払いで返金します。

 

今回、2万円を現金化したので2万3000円が返金する総額ですね。

 

もう1つの選択肢でお金を返せないので質に入れていた商品を送るというのは、これはこれでどうなんだろ・・・という感じもします。

 

商品の状態の良し悪しって個人の主観に頼る部分が多いですよね?

 

状態も綺麗だと思っていたけど、実際に商品を送付して状態の認識に差があった場合の、差額分はどうやって回収するのかなぁと。その辺の部分は公式では説明がないようです。

 

CASH(キャッシュ)のQ&A

実際にCASH(キャッシュ)を利用してみて気になった点をまとめていきます。

 

何度でも現金化できる?

2万円が1つのボーダーラインになっているようで、自分の場合は一度2万円をキャッシュにしたらその後、制限がかかり利用できなくなりました。

しかし、他の方で1000円×10回現金化した人がいるようで、一度に10回までまとめて現金化することができます。

 

現金化の上限と下限は?

これから現金化する際の査定金額の上限・下限は変更になるかもしれませんが、現在のところ上限が2万円、下限が1000円です。

 

これってパソコンの出品も出来るのですが、高価な商品なのに上限が2万円までという不便さもあります。

 

逆にどんなに安い商品でもリストに載っていれば状態に関わりなく1000円の値段が付きます。このことはすぐにユーザーからハックされて現代の錬金術なんて揶揄されてますね。

100円くらいの商品でも現金化すれば1000円の値段が付けられるという・・・運営側は大丈夫なんでしょうか。

 

銀行振り込みはいつ入金される?

これは予想以上に早かったです。夜に出金手続をして翌日の午前中には振り込みが完了していました。

ちなみに銀行の営業時間内であれば、即日振り込みに対応しているようです。

 

キャッシュの受け取りは銀行だけ?

銀行以外にもコンビニで受け取ることもできます。

ただし、コンビニでキャッシュを受け取る場合には1万円未満の金額制限があります。

コンビニのキャッシュ受け取りは時間帯制限があり、7:00~22:00の間です。

 

キャッシュの返金ができるコンビニは?

f:id:mutant-tetsu:20170630084723p:plain

ローソンやサンクスなどで返金することができます。

セブンイレブンやファミリーマートでは対応していません。

 

複数のアカウントを作成して利用してもいい?

ダメです。規約の25条の禁止事項で複数アカウントの生成行為は禁止と明記されています。

 

CASH(キャッシュ)では1日で利用が一時停止に

先ほども少し触れましたが、CASH(キャッシュ)では1日経たずに新規の申し込みが利用停止になっています。

 

どうやら運営側の当初の見込みの10倍以上の申し込みがあったようで、こりゃいかんということで新規の受付を一時停止したみたいです。

 

f:id:mutant-tetsu:20170630075145p:plain

公式の発表によると、3億6000万円もの現金がキャッシュ化されたようです。

ちなみにキャッシュを返さないと選択され、郵送(予定)のアイテムは7512個にものぼるみたいです。

 

CASHの運営って今のところ4人体制みたいなんですけど、臨時のバイトを雇っても完全にキャパオーバーな気がします。

 

先ほど紹介したようにユーザーが送付する商品とCASH(キャッシュ)側が想定している商品の価値に乖離があった場合は回収作業も必要になるので、実際はもっと手間がかかるでしょうね。

 

CASH(キャッシュ)は危険なのか?安全なのか?

f:id:mutant-tetsu:20170630084805p:plain

まず先に伝えたいのが、商品を質に入れて現金化するまで1つも障害は起こらなかったということです。

 

利用が一時停止になったのはあくまでリソースのキャパオーバーになったので、新規受け入れをいったんストップしたというだけで、致命的なシステム障害が起こったわけではないようです。

 

これで現金が振り込まれない・・・とか起こっていたら大変なことですけど、現金振り込みに関しては問題なく完了していました。

 

ただ、返金手数料名目の15%がグレーすれすれな気がします。

本質はプロミスなどの金融サービスと変わらない気もしますが、15%は金利ではなく返金手数料という名目なわけです。

 

色々な方面で叩かれているサービスですが、この手軽さがかえって危険な気もします。

あくまで利用は自己責任というのが大前提ですが、リリースされたばかりで内容が詰められていないようにも感じます。

 

というか、本来その価値のない商品まで高値で買い取れるようなシステムの穴もあるので、運営さんがリスク背負いすぎな気も・・・

 

ひとまず第一弾の現金化の返金期限である2ヶ月目以降に要注目ですね。

 

おわりに

いかがでしたでしょうか。実際にCASH(キャッシュ)を使ってみた感想を紹介しました。

試みとしては面白いと思うのですが、これからどう展開していくのでしょうか・・・

 

ちなみに返金手数料名目の15%を金利に置き換えるとめちゃくちゃ高いです。

 

気軽に現金化できる分、利用する側も計画をきっちり立てて利用した方がいいと思います。