アプリモンスター

役立つアプリ情報マガジン

iPhoneでブルーライトをカットする設定「Night Shift」を使いこなす

f:id:mutant-tetsu:20170630153130j:plain

iPhoneを使っていると目が疲れてしまった、という人も多いのではないでしょうか?

そんな時に、iPhoneのブルーライトを減らしてくれるNight Shiftの機能を紹介します。

 

iPhoneのディスプレイ機能、Night Shiftとは?

iPhoneに実装されたブルーライトをカットしてくれる機能です。

ブルーライトとはパソコンやスマホの画面から発生する光の事を指します。

 

このブルーライトを長時間見続けると眼精疲労や睡眠障害の元になります。

 

このブルーライトを軽減してくれる機能がiPhoneのNight Shiftという機能です。

 

Night Shiftを使った後の画面の変化

実際にNight Shiftを使った画面はどのようになるのでしょうか?

 

Night Shiftをオンにした場合、全体が黄色がかったような変化が起きます。

 

これはブルーライトカット眼鏡を装着した状態や、モニターディスプレイのブルーライトカットをオンにした時と同じような感じです。

 

 

iPhoneでNight Shiftを利用する方法

それではさっそく、iPhoneでブルーライトカットを利用する方法を見て行きましょう。

iPhoneの【設定】→【画面表示と明るさ】→【Night Shift】に遷移します。

 

ナイトシフトの画面では2つの設定から選択することができます。

f:id:mutant-tetsu:20170630153644p:plain

 

【時間指定】ではあらかじめ指定した時間帯に自動的にナイトシフトが起動するように設定します。

例えば、夜の時間帯に予め設定することが可能です。

 

【手動で明日まで有効にする】では手動でオン/オフの表示を切り替えることができます。どちらか良い方で切り替えましょう。

 

その下の色温度では色の調整をすることができます。

暖かくの方にスライダーを操作すると黄色の度合いを強くすることができます。

 

ブルーライトは身体に悪影響なのか?

ブルーライトというか、深夜のスマホの操作が睡眠障害を誘発すると言われていますね。

実は私たちの脳は夜になると無意識に寝るための準備を行なっています。

 

この時に明度の高いスマホやパソコンを操作すると脳が覚醒状態に変化すると言われています。

メールを1件チェックするだけで、エスプレッソ2杯分の覚醒状態と同じ効果があるとも。

 

こうなると布団に入ってもなかなか寝付けなかったり、眠りが浅くなったりします。

 

寝ているはずなのに日中、睡魔に襲われるという人は夜眠る直前にまでスマホを操作していませんか?

 

睡眠の1時間前にはスマホやパソコンの操作は一切しないのが理想です。

fuminners.jp

 

おわりに

いかがでしたでしょうか。

夜にスマホを操作するのは、ほとんどの人に当てはまる習慣だと思います。

  • 中々寝付けない
  • 日中眠くなる

こういった人はスマホの操作が原因かも?Night Shiftをうまく使ってブルーライトをカットすれば症状が軽減されるかもしれません。