アプリモンスター

役立つアプリ情報マガジン

Twitterでツイートをする方法まとめ

f:id:mutant-tetsu:20170602161722j:plain

Twitterのメイン機能とも言うべきツイート、つぶきやについてまとめました。

Twitter初心者の方はこの記事を読んでぜひマスターしてください!

 

ツイートとは?

ツイートとは、Twitterのメイン機能でもあるつぶやき機能。

最大で140文字を上限に文字、絵文字をつぶやくことができます。

 

つぶやくことでタイムラインと呼ばれる場所にあなたのつぶやきが表示されます。

これは全世界のTwitterユーザーが見れるようになっており、基本的にあなたのことをフォローしている人のタイムラインに表示されます。

 

逆に自分がフォローしている(つまり、あなたがフォロワー)ユーザーのつぶやきはタイムラインに表示されます。

 

フォロー、フォロワーに関してはこちらの記事で詳しく紹介しますが、芸能人やモデルさんをフォローすることで有名人のツイートを見逃さないなど様々な使い方ができます。

app-monster.hateblo.jp

 

ツイートのやり方

それではさっそくツイートのやり方を見ていきましょう。

ここでは単に文字をツイートするだけでなく、画像や動画を添付したりする方法なども紹介していきます。

 

文字をツイートする

Twitterでツイートする方法はいたってシンプルです。

ホーム、通知、プロフィールページいずれかの右上にあるアイコンをクリックします。

すると、ツイート画面が表示されます。

 

この画面に140文字以内で文字を打ち込んでツイートボタンをクリックするだけです。

なお、スマホに搭載されている絵文字も使うことができます。

 

画像を付けてツイートする

先ほどのツイート画面に画像アイコンが配置されています。

この画像アイコンからツイートに画像をのせてつぶやくことができます。

  • 今から撮る画像
  • スマホ内に保存している画像

この2つをツイートに添付することができます。

一度のツイートで添付できる画像の枚数は4枚までです。

 

動画を添付してツイートする

画像と同じくカメラのアイコンから動画を付けることができます。

  • 今から撮る動画
  • スマホ内に保存している動画

動画の長さは変更され現在140秒(2分20秒)もの動画を投稿することができます。

もし、この長さを超える動画を超えた部分に関してはトリミングされ140秒以内に収まるように修正されます。

 

ハッシュタグを付けてツイートする

ハッシュタグはTwitter初心者の方は慣れないかもしれませんが、うまく利用することでよりTwitterを活用することができます。

簡単に言うと自分のツイートにタグを付けることができる機能です。

 

ハッシュタグを付けることで他のユーザーがあなたのツイートを見つけやすくなりますし、同じ趣味や興味を持つユーザーの投稿を発見しやすくなります。

 

例えば、あなたが猫好きだとします。#ネコ #猫 などのハッシュタグを付けることで同じ関心を持つユーザーの目に留まりやすくなります。

 

ツイートを削除する

間違えてツイートしてしまった・・・という経験はTwitterを利用していればあるはず。

(なければいいですが)炎上してしまい、とりあえず当該ツイートをすぐに削除したいという場合もあるかもしれません。

 

ツイートを削除したい場合はツイート右側にあるアイコンから削除することができます。

 

ツイート発展編

ここからはツイートをさらに発展させた内容を見ていきます。

 

リツイートとは?そのやり方

リツイートとは、他のユーザーのツイートを引用して再度ツイートすることです。(自分のツイートもリツイートできます)

 

少し分かりにくいので例を出します。

 

他のユーザーが●ラーメンを画像付きで紹介

       ↓ 

「美味しそう!」と思ったユーザーがリツイートする

 

このように他のユーザーが投稿したツイートに共感や共有をしたいと思った時に、リツイートを行います。

リツイートがリツイートを呼ぶとかなりのユーザーにそのツイートが配信されるようになります。いわゆる「バズる」というものですね。

 

該当のツイート下部にリツイートアイコンがあります。

ここでリツイートを選択することで、リツイートすることができます。

 

実はこのボタンを押した時に、「リツイート」と「引用ツイート」という選択肢が表示されます。

ここら辺は冗長になってしまうのでこちらの記事で詳しく解説していきます。

 

特定のユーザー宛てにツイートする

特定のユーザー宛てにツイートすることもできます。

その場合は、ツイートに@相手のユーザー名を入力します。

例)@app_monster6

 

これを利用することで、相手方は自分に向けてツイートされたことが通知されます。

 

特定に相手に、と言ってもそのツイートはタイムラインでフォロワーや全世界のユーザーに向けて配信されているので注意しましょう。

 

他のユーザーには見られたくない1対1のメッセージを送りたい場合はDM(ダイレクトメッセージ)を使用します。

 

ツイートにリンクを埋め込んでつぶやく

Twitterには画像や動画、絵文字を使ってツイートできることは説明しましたがリンクを埋め込んでツイートすることもできます。

 

例えばメディアの記事を貼り付けてツイートするなどの使い方ができます。

方法はとても簡単でツイート画面で該当のURLを入力するだけです。

この時のURLを手打ちしてしまうとかなり長くなってしまう&ミスが起きてしまうのでコピペして打ち込むようにしましょう。

 

なお、URLの文字列も140文字の文字数に含まれるので注意しましょう。

 

URLを入力してツイートすると画像のように記事タイトルやアイキャッチ画像が自動で挿入されます。

 

挿入されないケースは2つあります。

時々、Twitter側の不具合でタイトルや画像が反映されないパターンとそのWebサイト自体が記事タイトルやアイキャッチの設定(OGP)がされていないケースです。

 

ユーザー側では対処し難い問題なので、あまり気にしない方がいいですね。

 

投票ツイートを投稿する

Twitterに後から実装された機能で投票ツイートがあります。

これは、自分のフォロワーなどに対してTwitter上でアンケートを取ることができる機能です。

 

グラフのようなアイコンから投票することができます。

投票ツイートに入力する内容は3つになります。

  • 質問
  • 回答候補(最大4つまで)
  • 回答期限

 

ライブ動画を投稿する

Twitterでは動画以外にもライブ動画を投稿することができます。

投稿というか、現在進行系の配信なので実況中継といった感じでしょうか。

 

Twitter社がperiscopeというライブ配信専門のアプリをリリースしていましたが、機能そのままにTwitterに組み込まれTwitterでもライブ配信をすることができるようになりました。

 

関連:Twitterの使い方まとめ。Twitter初心者向けに全部解説するよ - アプリモンスター