アプリモンスター

役立つアプリ情報マガジン

Twitterのタイムラインに出てくる広告はどうにかならないのか?

f:id:mutant-tetsu:20170602161722j:plain

Twitterではタイムラインに企業の広告がよく表示されます。

気になる広告がある場合もあれば、中には希望しない広告も入ってくるかもしれません。

今回はこうしたTwitterのタイムラインに表示される広告への対応について紹介します。

 

Twitterのタイムラインに出てくる広告とは?

Twitter社の売り上げの大部分を占めるのが企業からの広告料です。

企業から広告料をもらい、3億とも言われるユーザーに向けてプロモーションを展開するというビジネスモデルです。

f:id:mutant-tetsu:20170611050750p:plain

一見すると他ユーザーのツイートと見間違えてしまいそうですが、ツイート下部に「プロモーション」の文字が入っています。

 

この文字が入っているツイートは全て広告となります。

 

広告の表示をオフにしたい

中には「広告が邪魔」という思う人もいるかもしれませんが、この広告表示をオフにすることはできません。

Twitterは無料で利用できるものですから、こういった収益源を断つのはできないですね・・・

 

しかし、中には不快な広告やアダルト性の強い広告に嫌悪感を覚えることもあるかもしれません。

 

Twitterでは全ての広告表示を非表示にすることはできませんが、特定の広告に対して今後表示しないように対応することはできます。

 

特定の広告を非表示にする方法

Twitterのユーザーをブロックする方法と同じになります。

 

まず、該当する広告の右上にある下矢印からメニューを展開します。

一覧が表示されるので、ここから▲さんをブロックを選びます。

f:id:mutant-tetsu:20170611050754p:plain

この操作で今後、その広告は表示されなくなります。

 

選択肢の中に「広告内容に興味がない」という選択肢もありますが、こちらはあくまで報告で、広告はその後も表示されますのでご注意ください。

 

 

あまりに不快なので広告を報告したい

Twitterのタイムラインを見ていると、時々「おいおい、大丈夫か?」という広告も見かけます。

出会い系やアダルト系の広告ですね。

Twitterの広告は誰でも広告料さえ払えば表示させることができるので、時々変な広告が混ざったりする場合もあります。

 

そういった時は先ほどの広告をブロックする際の手順と同じで、「広告を報告」という選択肢を選びます。

 

 

f:id:mutant-tetsu:20170611050759p:plain

ここで4つの選択肢の中から報告することができるので、あまりに目に付いた広告があれば報告しましょう。

 

関連:Twitterの使い方まとめ。Twitter初心者向けに全部解説するよ - アプリモンスター