アプリモンスター

役立つアプリ情報マガジン

もしかしてTwitterでブロックされてる?ブロックされたことを確認する方法

f:id:mutant-tetsu:20170610115412p:plain

Twitterにはブロック機能というものがありますが、このブロックはされても通知というものは届きません。

もしかするとブロックされているかも?という時に、自分がTwitterでブロックされているか調べる方法について紹介します。

 

もしかしてブロックされている?

Twitterでブロックをされると、強制的にフォローが外されます。

つまり、自分が相手をフォローしていた場合はそのフォローが外され、相手からのフォローされていた場合は、そのフォローも外されます。

 

ブロックされることで相手へのリプライやDMは一切届かなくなるので、「あれ?返信が来ないな・・・」と思うかもしれません。

 

数名ほどしかフォローしていないアカウントであれば、すぐに気づくと思いますがたくさんフォローしているアカウントであれば気づきにくいですよね。

 

1番確実なのはブロックされているかも?と思った場合は、相手のプロフィールページを見に行くことで答えが分かります。

ブロックされていた場合のプロフィールページがこちら。

f:id:mutant-tetsu:20170610113957p:plain

思いっきりブロックされていることが書かれていますね。

 

ブロックされると制限されること

ここでブロックされた場合に起こることをまとめます。

  • ブロックされるとフォローが強制的に外される
  • ブロックされたアカウントは再フォローできない
  • ブロックされたアカウントはDMを送ることはできない
  • ブロックされたアカウントはタイムラインを閲覧できない
  • ブロックされたアカウントはプロフィールを見ることはできない
  • ブロックしたアカウントからの通知は届かない
  • ブロックされたアカウントはそのユーザーを写真にタグ付けできない

一覧をみると分かるように、全ての行動が制限されると言っても過言ではありませんね。

ブロックをされるということは、こちらに何らかの落ち度があることが多いので気をつけるしかないですね。

 

関連:Twitterの使い方まとめ。Twitter初心者向けに全部解説するよ - アプリモンスター