アプリモンスター

役立つアプリ情報マガジン

TwitterのDMとは?ダイレクトメッセージの概要や使い方を紹介

f:id:mutant-tetsu:20170602161722j:plain

TwitterのDM(ダイレクトメッセージ)と呼ばれる機能の概要や使い方について説明します。

まだ使ったことがない人はぜひ参考にしてください。

 

TwitterのDM(ダイレクトメッセージ)機能とは?

Twitterではタイムラインと呼ばれる場所で他ユーザーとリプライを送ったりやり取りをすることができます。

しかし、そのやり取りは全世界に向けて公開されているので、プライベートなやり取りをしたい場合には使えないですよね。

 

そんな時に登場するのがTwitterのダイレクトメッセージと呼ばれる機能です。

この機能を使えば公開されることなく、特定のユーザーとメッセージを交換することができます。

 

TwitterでDM(ダイレクトメッセージ)を送ることができる相手

便利な機能ですが、当然全てのユーザーに無差別に送りつけることはできません。

ある一定の条件のもとでダイレクトメッセージの機能は使えます。

 

それは、フォローしている相手にだけDMを送ることができるというものです。

 

つまり、フォローしていない相手にはDMを送ることができないので、まずは相手をフォローしてからでないDMの機能は使えないということですね。

 

逆を言うと、あなたをフォローしているユーザー、つまりフォロワーもあなたにDMを送ることができます。

 

ただし、プライバシー設定で全てのアカウントからダイレクトメッセージを受信するように設定している場合は、この限りではありません。

相手があなたのことをフォローしていなくても、メッセージを送信することができます。

 

よく法人アカウントはこの設定にしているようですね。

 

TwitterでDM(ダイレクトメッセージ)を送る方法

さっそくTwitterでDMを送る方法を見ていきます。

まず、ホーム画面下にあるメッセージアイコンをクリックします。

f:id:mutant-tetsu:20170609110809p:plain

 

次に右上のアイコンをクリックします。

この画面はいわゆる過去のやり取りを表示している受信ボックスのようなものですね。

 

f:id:mutant-tetsu:20170609110812p:plain

ここで送信するアカウントを検索窓に入力することができます。

もしくは、その下側にユーザーが表示されているので、ここから選択して送信することもできます。

 

メッセージ画面を作成すれば、あとはLINEのように非公開でメッセージのやり取りをすることができます。

 

TwitterのDMでやり取りできるもの

ダイレクトメッセージでやり取りできるものは、テキストだけではありません。

  • 画像
  • 動画
  • GIF画像

これらのコンテンツもやり取りすることができます。

方法はツイートと同じようにカメラアイコンから送信することができます。

 

TwitterのDMにある会話削除とは?

ダイレクトメッセージの画面で、右上の…アイコンをクリックすると「会話を削除」という項目が選択できます。

f:id:mutant-tetsu:20170609110816p:plain

これは、あなたのDM画面からそのやり取りを削除するという操作です。

あくまで、こちらの端末の履歴が消えるだけなので、相手側の端末にはDMのやり取りは残っています。

 

これもLINEと同じですね。

 

TwitterのDMに既読機能はあるの?

TwitterのDMにはLINEのような既読機能があります。

自分のメッセージを相手がいつ開いたかを確認できるわけですね。

 

ちなみにこの既読機能は初期状態ではオンの状態になっています。

もし、この通知機能をオフにしたい場合は設定から変更することができます。

 

設定(歯車アイコン)>設定とプライバシー>プライバシーとセキュリティ>既読通知の送信/受信をオフに設定

f:id:mutant-tetsu:20170609110821p:plain

 

DMが送られてきて困る、受信拒否したい

Twitterでは相手が自分のことをフォローさえすれば、ダイレクトメッセージを送信することができます。

 

もし、迷惑なユーザーから一方的にダイレクトメッセージが送られてきた場合はそのユーザーをブロックすることができます。ブロックをした後はそのユーザーはあなたにメッセージを送信することはできません。

 

もしくはアカウントを非公開にすることも1つの方法です。

アカウントを非公開にすることで、勝手にフォローすることができなくりフォローリクエストといった形で処理されます。

 

つまり、相手がフォローするかどうかをこちら側で許可/不許可と選択することができるようになります。

 

複数の人数で利用するグループメッセージを利用したい

ここまで1対1のダイレクトメッセージ機能を説明しましたが、チャットルームのように利用できるグループメッセージ機能もあります。

 

グループメッセージ機能を利用することで複数のユーザーが同時にメッセージのやり取りをすることができます。

app-monster.hateblo.jp

 

関連:Twitterの使い方まとめ。Twitter初心者向けに全部解説するよ - アプリモンスター