アプリモンスター

役立つアプリ情報マガジン

Twitterのグループメッセージとは?グループメッセージの使い方を紹介

f:id:mutant-tetsu:20170602161722j:plain

Twitterでは1対1で個別にメッセージをやり取りできるDM(ダイレクトメッセージ)という機能があります。

さらに複数人でメッセージのやり取りができるグループメッセージという機能もあります。

Twitter初心者のためにグループメッセージ機能を説明します。

 

Twitterのグループメッセージ機能とは?

Twitterでは従来、1対1でメッセージのやり取りができました。

2015年に新しくグループメッセージ機能が追加されましたが、簡単に複数人でのメッセージのやり取りを行うことができます。

 

Twitter上でチャットルームを作成できるようなイメージですね。

 

グループメッセージに参加できるメンバー

Twitterのグループメッセージに参加できるメンバーは、相互にフォローしている必要はありません。

これはTwitterのダイレクトメッセージと同じで、相手をフォローしていればメッセージを送信することができます。

 

会話に参加している全てのアカウントがそれぞれのフォロワーを自由に追加できるので、それぞれのアカウントのフォローやフォロワーは関係ありません。

 

グループメッセージで送信できる内容

グループメッセージでやり取りできるものは、テキストだけではありません。

  • 画像
  • 動画
  • GIF画像

これらのコンテンツもやり取りすることができます。

方法はツイートと同じようにカメラアイコンから送信することができます。

 

 

新しく追加されたグループメンバーは以前のやり取りを見れるのか?

それぞれのユーザーが自由に新しいメンバーを追加できますが、新しく追加されたメンバーは以前のグループ会話のやり取りを見れるのでしょうか?

 

答えはNO。グループへの加入以降のメッセージを見れるだけで、以前のメッセージを遡って閲覧することはできません。

 

グループメッセージから脱退する方法

何らかの理由でグループメッセージから脱退したい場合の操作方法を説明します。

まず、グループメッセージ画面の右上にある…アイコンをクリックします。

 

ここで「離脱」という項目があるので、こちらをクリックすることでTwitterのグループから抜けることができます。

 

特定のユーザーをグループから脱退させたい

今度は反対に特定のユーザーをグループから脱退させたい場合を紹介します。

特定のユーザーをグループから脱退させたい場合は、そのユーザーをブロックすることでグループメッセージから脱退させることができます。

 

脱退させられた本人はどのユーザーからブロックされてグループを脱退させられというような通知は行きません。

 

関連:Twitterの使い方まとめ。Twitter初心者向けに全部解説するよ - アプリモンスター