アプリモンスター

役立つアプリ情報マガジン

Twitterのリストの使い方。効率良くアカウントを管理する方法

f:id:mutant-tetsu:20170602161722j:plain

Twitterにはリスト機能と呼ばれるものがあります。

これは、フォローしたいアカウントや観察したいアカウントを一まとめにすることができる便利な機能です。

まだTwitterでリストを使ったことがない人に向けてTwitterのリストの使い方を紹介します。

 

Twitterのリストとは?

Twitterのリストとは複数のアカウントをまとめて登録できる機能です。

アカウントをリストに入れることにより、リストごとにタイムラインを表示させることができます。

 

複数のタイムラインを持てると言い換えることもできます。

 

例えば、たくさんのアカウントをフォローした時にはそれぞれのつぶやきがごちゃ混ぜになってタイムラインに表示されます。

 

ここでリストごとにアカウントを管理することで、学校用・会社用・趣味用・情報収集用など、複数のタイムラインを持つことができます。

 

Twitterのリストを作る方法

プロフィールページの歯車アイコンをクリックし、リストを選択します。

f:id:mutant-tetsu:20170611064919p:plain

 

画面右上のプラスアイコンからリストを新規作成します。

f:id:mutant-tetsu:20170611064923p:plain

 

 

リストの名前

リストの説明

公開 or 非公開

 

必要情報を入力していきます。リストはデフォルトでは公開になっています。

f:id:mutant-tetsu:20170611064926p:plain

もし、自分が作成したリストを誰にも見られたくないという場合はこちらを非公開に設定しましょう。

 

次の画面でリストにユーザーを追加していきます。

f:id:mutant-tetsu:20170611064933p:plain

検索窓にユーザー名か名前を入力することで見つけることができます。

あとでリストにユーザーを追加することもできます。

 

 

作成したリストを削除する

次に作成したリストを削除する方法を紹介します。

リスト一覧で該当のリストの箇所で右から左にスワイプします。

f:id:mutant-tetsu:20170611064930p:plain

 

削除ボタンが出現するので、こちらをクリックしてリストを削除します。

 

関連:Twitterの使い方まとめ。Twitter初心者向けに全部解説するよ - アプリモンスター